年始は新年会から

満喫パーティー

年始は新年会から

新しい年になると気持ちも新たになりますし、年始に新年会があると新年が始まったと実感する人も多いのではないでしょうか。
もともと仕事場の人間で集まって新しい年も頑張ろうというようなイメージがありましたが、近年では同僚間だけではなく、昔の仲間で集まって同窓会のような雰囲気のものや気の置けない者同士で集まることも増えています。

新年会の定義というものも基本的にはなく、年始ごろに大人数でも少人数でも集まって新年会だと言えばそうなります。
内容としてはお酒を飲みながらおしゃべりをしたり、大人数になると店を借り切ってゲームや一発芸などもやったりして賑やかな時間を過ごすことが多いのではないでしょうか。

また、新年に同僚や仲間と集まることで親睦を深めたり、気持ちを団結させる意味もあるようです。
日本では恒例行事とも言えるもので、これからもこの風習は続いていくでしょう。
この時期になると居酒屋やバーなどの飲食店は毎年忙しくなり、またそれに合わせたプランを立てているところも多いです。


失礼のない新年会の案内状の書き方

一般的に案内状は行事開催のお知らせと考えられ、招待状は結婚式をはじめとする儀礼的な行事へのお招きと考えられています。
案内状は新年会や忘年会、同窓会など格式張らない行事の開催通知ですが、行事の開催を伝え、出席を呼びかけるものですから、趣旨や目的を明確に述べ、「来ていただく」という謙虚な姿勢が必要です。
通常は全文、主文、末文という形式を踏まえて書きますが、特に尊敬語や謙譲語の慣用的な使い方には気を付けるようにします。
会社の新年会の案内の場合は、日頃の協力や支援に対するお礼の言葉を書き入れます。
新年会は、年頭のあいさつを交わし、今後の支援を願うためのものでもあるので、単に日時や場所を通知するだけでなく、その趣旨を述べるようにします。
常用される例句には「飛翔の年とすべくお互いの抱負を大いに語り合いましょう。
」「新春にあたり会員が一堂に集い、飛躍の第一歩を踏み出したく思います。
」などがあります。
はがきに印刷するかパソコンなどで作成する場合が多いですが、縦書き、横書きのどちらでもよく、文面の初めにタイトルを入れる場合もあります。
先方の都合を考えて、少なくとも1か月前には届くように手配し、本文の後に「記」として、日時と場所、場所の電話番号(簡単な地図、駐車場の有無を含む)などを列記し、会費を要する場合はここに併記します。
会場の予約の都合で出欠の返事が必要な場合は、その旨も付記し往復はがきで出します。

おすすめWEBサイト 5選

よく当たる電話占い
http://dione.jp/
プラチナ買取 川崎
http://platinumkaitori.net/
遺品整理 神奈川
http://senior-hyakka.com/
うつ病の方の社会復帰
http://zettainaosou.blog.fc2.com/
配管劣化調査
http://www.yoonnet.com/pipe2.html